GoogleAnalyticsでエラー404をやっつけろ!

analytics_404_02.jpgせっかくサイトにアクセスしてきてくれているので、実はそのページが削除していたりURLが変わっていたりして、「404 File Not Found」の画面をみせてしまうことがあったり。
また、それがこちら側に分かりにくかったりするので困ったところ。

MovableTypeを使っているとヴァージョンをあげると、それまでのファイル名の命名規則が変わってしまっていたり、エントリー数の増減でpost_ほげってのが変わったりして一時期はhtaccess で 301 Moved Permanentlyをしていたけど検索エンジンから多くのアクセスはあるみたいだけど、どの検索キーワードでエラーを吐いてるのか、吐いているファイル名がわかりづらかったり(post_ほげ.htmlとか)するので、すべてを調べて、整備するのが一苦労。

GoogleAnalyticsのBlogを使っているとトラッキングコードにオプションを与えてやることで、どのファイルへリクエストしているのか、検索クエリもトラッキングできるみたい。

GoogleAnalytics Blogの

Google Analytics Blog: Tip: Tracking 404 Pages

で、ファイルが存在しないときに表示されるページ、「404 File Not Found」ページをトラッキングできるTipsが紹介されていたのでやってみた。

まずはGoogleAnalyticsのトラッキングコードをいれれないといけないので、使っているサーバでカスタムな404ページを作れるかどうかを確認。(htaccessファイルとかで)

で、実際にトラッキングコードを埋め込むんだけど、その時に少しだけ付けくわえる。
こんな感じに。

analytics_404_01.jpg

こんなかんじ

<script type="text/javascript"
src="http://www.google-analytics.com/urchin.js">
</script>
<script type="text/javascript">
_uacct = "xxxxx-x";
urchinTracker("/404.html?page=" + _udl.pathname + _udl.search);
</script>

大事なのはコードの後ろの方にあるurchinTracker()のカッコの中。
"/404.html?page=" + _udl.pathname + _udl.search

"/404.html?page=" はカスタムエラーページを作ったファイル名。
_udl.pathname はリクエストされたファイル名(というか、パス)
_udl.searchはサーチクエリ(たぶん)

これを付け加える事で、Google Analyticsにトラッキングされるようになります。

analytics_404_02.jpg

すこし、考えてみると、Urchinってこういうオプションがきっといっぱいあるはず!
とか思って、探してみるとUTM(Urchin Tracking Module)というのがあるんだけど、リファレンスっぽいのは見当たらなかった。

Urchinのマニュアルを覗いてみよ。

似たようなGoogleAnalyticsの解説本のなかでUTMに詳しく触れていたっぽいので、おすすめかも。

photo
WebマスターのためのGoogle Analytics
井上 健語 原田 憲悟 秋池 浩
九天社 2006-08

by G-Tools , 2006/09/10