鉄コン筋クリートは新世界近くのフェスティバルゲートで

鉄コン筋クリート (通常版)テーマパークは数あれど、近くに行っても気付かないテーマパークはココだけしかないんじゃないかと思わせる、大阪天王寺のフェスティバルゲート。

近くには通天閣の新世界があり、新今宮駅、天王寺動物園周辺の街の雰囲気とあいまって鉄コン筋クリートを観るには持って来いの場所だと思う。
(というのを、観てから気付いた)

もつ擴に一緒に行っていた人が、

「鉄コン筋クリート観ました?動物園前シネフェスタ4が空いてていいんですけど、あそこ1人で行くのコワイじゃないですか」

って、なにそれ?動物園前?
そんなところに映画館があったのって感じで実はあったみたい。

なので、せっかくだからレイトショー行ってみると、空いてる空いてる。
どれくらい空いているかというと案内してくれる従業員の人がかわいそうになるくらい、あるいはど真ん中のシートに靴を脱いで足を抱え込み、隣のシートに荷物を置いても問題ないくらい空いててかなり重宝しそうな予感。

もう、待っている間の時間、次観に来る映画を何にしようかをチェックしまくってしまった。

で、鉄コン筋クリートなんだけど、松本大洋を名前を聞いた事があるぐらいでまったく知らないままいってみたら漫画を読みたくなってしまった。
(今まで蒼井優と蒼井そらを勘違いしていたのを気付いたぐらい知らなかった)

どうしても、ストーリー展開が「アニメの劇場版」的雰囲気が漂ってしまったけど、表現がおもしろかったな。
ま、血がドバドバ出てるのでR15ぐらいでもいいかと思ったりもしたけど、その凶暴さかげんと46のかわいさに打ちのめされて…メロメロ。ついつい46の帽子が欲しくなってしまう。

声優陣が豪華とかで話題らしい(今日知った)けど、スタッフロール見ていると他にも参加しているところがすごすぎ。監督はSoftimageのマイケルアリアスだし、制作に参加しているスタジオも、森本晃司とか見た事アル名前がわっさわっさと。まぁ、それにしちゃ…ってところもあったけど。満足満足。

あと、音楽のPlaidが気持ちよかった。(あ、アジアンカンフーもね)
Plaidはたぶん買う。いい音楽をありがとう。

で、何気なく行った動物園前シネフェスタ4で鉄コン筋クリートというのがはまりまくっているので鉄コン筋クリートをみるならぜひ、寂れたフェスティバルゲートで遊んで新世界で串カツ喰って、そのあとにシネフェスタで鉄コン筋クリート鑑賞。

この次は、「ユメ十夜」で緒川たまきを「さくらん」で金魚を見に行こうっと。