Movable Type 4 の Registryでconfig.yamlが動かない場合のチェック項目

はい、昨日はMovable Type 4のテンプレート(に限らず)の拡張を簡単にPluginsにconfig.yamlいれたら楽しげ!

とか、思ったらうまく動かなかった。
でも解決したので、めもめも。

Six Apart - 技術情報提供ブログ: 編集しやすくなった Movable Type 4 のテンプレート管理・編集画面

ここで新しいテンプレート機能とYAMLフォーマット記述するとプラグインが簡単にかけるよってあったので、さっそくやってみたけどうまく動かず。

作った config.yaml ファイルが読み込まれていないみたいなのでいろいろ調べてみると、さっそくMovable Type 4を使い込んでいらっしゃる方の

Movable Type 4 のプラグイン作成での新機能 (blog.aklaswad.com)

を、参考にextrasの中にある日本用更新Ping発射リスト追加プラグインサンプルとじっくり眺めてみること数十分。

config.yaml の最後の行が改行されいるか、いないかの違いで動かなかったらしい。

ついでに、インデントの数(スペースが2つとか4つとか)は問題ないみたいだけど、一つのconfig.yamlでインデントの数に不整合(labelのとこは4つだけどcontentが3つとか)があるとエラーを吐くのでここも注意。

(間違ってたらごめんなさい)

ということで、でけたのでサンプルのスニペットコードを書いてみた。
META のKeywordsとDescriptionにタグとかタイトルとか概要とかのそれらしい情報を自動的にいれる個別アーカイブ用のスニペット。


template_snippets:
  meta_keywords:
    label: META Keywords
    content: <meta name="keywords" content="<MTIfNonEmpty tag="EntryKeywords"><$MTEntryKeywords$>,</MTIfNonEmpty><MTEntryIfTagged><MTEntryTags glue=","><$MTTagName normalize="1"$></MTEntryTags></MTEntryIfTagged>">
  meta_description:
    label: META Description
    content: <meta name="description" content="<$MTEntryExcerpt encode_html="1"$><$MTEntryTitle$>">

はーい、注目!

Registry と YAML

ここ、重要だぞぉ〜
この2つはテストに出るから、覚えておくように。

CMSとして使うMovable Typeガイドブック

Rlated & Feedbacks

http://www.trapon.jp/cms/mt-tb.cgi/80

この一覧は、次のエントリーを参照しています: Movable Type 4 の Registryでconfig.yamlが動かない場合のチェック項目:

» Movable Type4のスニペットの「変数のSet(set)」が何か変→なら自分で作りましょう 送信元 モカモカ工房
 Movable Type4でテンプレートへの入力をする際、エディターの左上に「... [詳しくはこちら]