MovableType 4公開ベータリリース、料金体系の変更と無償バージョンアップ

MovableType 4の公開ベータがリリースされました。
正式リリースは7月18日の予定。
バージョン4になって、以下のことが変更されているみたいです。

  • ライセンス料金の変更
  • WYSIWYGな編集画面
  • 画像などのファイルアップロードや管理が行えるファイルマネージャー
  • 入力中の記事の自動保存
  • エントリ以外のページ作成
  • 複数ブログのポータルページの作成
  • ブログの複製機能
  • ユーザ管理機能の強化
  • コメント投稿者へのアカウント発行

Six Apart - Six Apart: シックス・アパートが、最新ブログ・ソフトウェア「Movable Type 4」を発表

これで、これから新たにブログを始めたいと思っている人にはWYSIWYGが、簡易CMSとして利用したい企業や団体にとってはファイル間マネージャーや
エントリ以外のページ作成、ポータルページの作成などが便利な感じになるんだとおもいます。
(まだ触ってないけど)

で、気になるライセンス体系は

基本ライセンスパック(1サーバー・5ユーザー)52,500円
追加ライセンス(5ユーザー)42,000円
追加ライセンス(10ユーザー)73,500円
バージョンアップ基本ライセンス(1サーバー・5ユーザー)21,000円
バージョンアップ追加ライセンス(5ユーザー)15,750円
バージョンアップ追加ライセンス(10ユーザー)26,250円
技術サポート(1年間)10,500円

という感じで実質値上げ。
の感はいなめないですが、今日(6月5日)から正式リリースの前日、7月17日までの間にMovableType 3のライセンスを購入すると正式リリース以降は無償でMovableType 4にヴァージョンアップができるようです。

それ以外の機能以前にライセンス登録をしたユーザはアップグレートライセンスが必要になります。
ただし、すでにMovableType 3のライセンス登録をしているユーザには特別価格でのアップグレード通知が来ているんだと思う。

[PR] 世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中!!