なにわフレンチ Begin びぎん

びぎん

ひさしぶりにメニューをみててわくわくする店にいけた。
なにがいいって、トマトがうまいし穴子もうまい。

甘くて甘くて仕方がないトマトとかシャキシャキとした野菜と貝(忘れた)のサラダとか、ジューシーなんだけどわさびソースが効いたお寿司のような穴子とか、とりハムとか…

トマトサラダサラダとりハム穴子のわさびソース

もう、たまらん。

いろいろとお話を聞いていると、できるだけ旬のものを使って料理を出したいからこそメニューは手書きで書いているとか。
おとなりのお客さんとシェフは京都の茄子の話で盛り上がっていたし、手書きのメニューってそういう事なんだよね。

手書きっぽいほうがなんとなくおいしそうとかそういうんじゃなくて、その時々によってメニューがどうしてもかわっちゃうから手書きなんだと。
あたりまえなんだけど改めてなっとく。

それにパスタがたまらん。

カルボナーラクリーム系とかトマト系のソースとか、いろんなおいしいパスタがあるけど、麺の食感が気に入ったのはここで2店目。

ひとつめは乾麺なんだけどもちもちとした食感がおいしいマッキーのパスタ。

ここ「なにわフレンチ Begin びぎん」の麺は生麺でなんとも歯ごたえのいいコシコシとした食感のう〜ん、たまらん。

もう、この麺を味わうだけにこのお店に行ってしまいそうな予感。

シェフ曰く
「僕もこの麺が好きで、賄いはこの麺で豚がらスープのラーメン。」
らしい。

カルボナーラ

くそぅ、またカルボナーラにはまりそうだ。
しかもパンチェッタだし。

なにわフレンチ Begin びぎん

大阪市中央区宗右衛門町6番6号 (Sorry, this address cannot be resolved.)