ドメインエイジのリセットがどれくらいの期間で行われるのか

あまりSEOの話をするのが好きじゃない(というか話ができるほどの教養がない)けれども、少し手近に実例があったのでDomain Ageという話

しかし、実際には違うのかもしれません。
少なくとも、Googleの公式の見解では、期限が切れたドメインが再取得されて所有者が変わったときは、リセットされてゼロからのスタートになり、たとえば前のドメインが受けていたリンクは意味のないものになるようです。

期限切れドメインは役に立たない » 海外SEOブログ・メルマガ

確かに納得の出来る話。

期限が切れたドメインが業態の全く違うようなサイト(アダルトサイトとか金融とか)に再取得された時に、それまでの「リンク価値」がだらだらと引き継がれるのは、検索エンジン側としては憂慮すべき問題なので例えば、サイトに使われているドメインの有効期限を見た上で更新日の前後でサイトの再評価をするのは「検索エンジンの思想」的には想像しうることかな。

しかし、これがまた現状とマッチしていなくて、某施設の前オーナーが所有していたドメインが期限切れで、他の人に再取得され今ではその施設のことが一切触れられていないにもかかわらず、某施設の名称で検索するとまっさきにそこが出てくるという現状。

問題のドメインは2007年11月に再取得されて、いまだに前のオーナーのドメインが出てくるので少なくとも1ヶ月や2ヶ月ぐらいは以前のドメインの影響は残るみたい。

Googleの主張(というか思想)は理解できるけれど実は実装(または結果が反映)されていないということはよくあるので、実装(結果の反映)ベースでSEOをすると痛い目を見るんじゃないかなと、SEO専業ではない僕が言ってみる。

個人的にはSEO自体が検索エンジンにとってスパムだと思っている(Yahooの場合は少し状況が違うみたいだけど)ので、業界の人とはだいぶ認識が違うのかもしれない(という、いいわけ)

期限切れドメインは役に立たない » 海外SEOブログ・メルマガ
ドメインエイジ - Google 検索