デザートはあなた

1991年と言えばバブルまっただ中。
なにもかもがバブリーでなにかふわふわとした感じで、高級料理をみんな食べていたんだろうな。

僕はそのころは鼻をたれていたのでその恩恵には授かれずにいたけど、当時やっていたドラマでとても印象深いドラマがあった。

デザートはあなた

僕はそのころは鼻をたれていたのでその恩恵には授かれずにいたけど、当時やっていたドラマでとても印象深いドラマがあった。

「デザートはあなた」

主人公の大西俊介演じる、岩城滉一。
その恋人、山口奈々子を演じる毬谷友子。
主人公の悪友、宮脇三四郎演じる忌野清志郎。

当時ながらすごい組み合わせだ。

大手広告代理店に勤務する大西俊介は祖父が残した土地に高級コンドミニアムにして趣味のバイクや車、手料理に精を出す。
その恋人山口奈々子はセラピストで頭脳明晰のわりには仕事から離れると他のことには無頓着。

いわゆる”プレイボーイ”大西俊介が奈々子もふくめ様々な一線で活躍する女性たちを自分のコンドミニアムに誘い入れ、豪華なんだけど嫌みじゃない手料理をメインに、デザートをいただこうという話。
それともう一つ重要なことがサグラダファミリアで日本人の石工として唯一の今井田勳。
たぶん、モデルは外尾悦郎氏のことだろう。
ドラマではあまり深く扱われていなかったと思うけど、あらためて原作を読み返してみると今井田勳のために奔走する大西俊介がいる。

原作では一貫してサグラダファミリアの今井田勳である。熱い情熱で石工を続ける今井田勳に惚れ込んだ大西俊介はどうにかサポートできないかと奔走する。

スポンサーになってくれそうな大企業の社長に提案してみたり(そこまでにも紆余曲折あるのだが)、魅力的な登場人物とのやりとりの中でかつてのメディチ家のようにメセナ、それも大掛かりなものではなく今井田勳(というよりは今井田勳に惚れ込んだ大西俊介)に共感する小さなメセナをあつめてなんとか支援できないかと走り回る。

そのあいまに、大西俊介が作る料理はどれもお相手の”デザート”に負けず劣らず魅力的でセクシー(森瑶子の文体がセクシーなのだ)で、本を読んでいるだけでもよだれがでそうな勢い。それもただ贅をつくした豪華なだけの料理ではない。

たくさんのお金をかけて高い食材を遠方はるばるとりよせ、それなりの腕で料理をつくればおいしいのはあたりまえ。
が、大西俊介は違う。

まずお断りしておかなければならないことだが、我が愛すべき主人公大西俊介は、プロの料理人でもなければ、無限にプロに近いこだわりの素人料理人でもない

中略

彼自身の事情でさける事ができない。つまり昨日芦ノ湖で釣ってきた三匹の鱒ーーーブラウン・トラウトを、無駄にするわけでにはいかないのである。
デザートはあなた」CATCH & RELEASE P34

といった、大西俊介の一貫した美意識に基づくものでこの物語がよりセクシーに演出されているんだと思う。

僕がバイクに興味をもったのも、料理に興味をもったのも岩城滉一演ずる大西俊介の影響がおおきかったと思う。

日本でも最近は多くのNPO、NGOがあり社会的な活動を行っているけど、原作での最後で小さなメセナを集めるためにパーティを開こうとした大西俊介が当の今井田勳に言われた言葉が、印象的でかつ人をサポートするという事がいかにセンシティブなのかを思い知らされた。

はっきり言ってネ、僕はもし、毎月三十万円なら三十万円の善意のお金が頂けるのなら、その使用目的は訊かんでもらいたいのです。

中略

サグラダ・ファミリアの模型を造るとか、ガウディの資料を整理するとかいう以前に、職人を保護してやりたいんです。しかし、そんなことを言ったら、あなたの仲間は誰もメセナになどなってはくれんでしょう。

中略

あなたが用意してくださろうというお金は、あなたやあなたの仲間の人たちが期待する大義名分や、僕らの夢に、一足飛びには結びつかんのですよ。そしてそれが現状です。
デザートはあなた」 幻のパーティー P294

デザートはあなた

ドラマのサウンドトラック

Distance
Distance
posted with amazlet at 08.05.03
古内東子
ソニーレコード (1993-11-21)
売り上げランキング: 8805