四畳半神話大系

モリミー再び。
楽しみにしていた四畳半神話大系のアニメが始まったので、少し。

四畳半神話大系森見登美彦は「夜は短し歩けよ乙女」から入った僕としては四畳半神話大系の原作が醸し出す渋さはなんだかはがゆく物足りなくも感じたんだけど、キャラクターデザインが乙女の単行本のイラストを描かれた中村佑介氏なので期待大!

うーん、中村佑介のイラストにひかれて乙女を読んだ僕としてはイイ!かなりイイ!
しかも、キャラクターに負けず、原作のようにしゃべる。これでもかとしゃべる。
まったく頭に入らないぐらいしゃべるので、一話でこんなに飛ばして大丈夫なのかと心配になる。

何しろ、原作は4話で終わるわけでアニメではそれを11話やるみたいなわけで、それでこのペースなら原作の4話が引き延ばされるということはないだろう。

とりあえず、一話は原作のように一話を終わったわけだが。まぁこれからひどくなっていくのは確実ということだ。

原作では
一話で混乱し
二話でなんとなく気付き始め
三話で確信して
四話で混沌とする。

それが、このペースとはどういうことだ。
どう考えてもペースが早すぎる。

これはワクテカですぎて鼻血がでそうだ。
つまりだ。
つまりこういことだ。

モチグマンかわいいということだ。

四畳半神話大系

ちなみに、夜は短し歩けよ乙女の文庫本のあとがきは羽海野チカが見開きで、イラストを寄せているので羽海野チカファンは必見。


祝アニメ化!森見登美彦×上田誠が語る『四畳半神話大系』と京都【前編】 - はてなブックマークニュース
祝アニメ化!森見登美彦×上田誠が語る『四畳半神話大系』と京都【後編】 - はてなブックマークニュース
夜は短し歩けよ乙女 | trapon : experience
この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ