幼児が数分で解けて、大人が解けない問題は大人向けに作られているのではないか

幼児が数分で解けるのに大人が解けない算数(?)の問題 | まつひろのガレージライフ

これって大人向けに作られてるんでないかとふと思った。

自分を含め、この問題が解くのに時間かかったーって聞かないのはなんでかなと思ったけど、これは大人向けなんじゃないの?

いろんな所で出回っていて原文がどこにあるのかわからないけど、問題と一緒に以下のようなことが書かれているのは共通しているっぽい。

この問題は幼児なら5分から10分程度で解けるが、プログラマーや高学歴の人は1時間ぐらいかかるよ。試してみよう

リンク先の英文にも以下のように書かれてる。

This problem can be solved by pre-school children in five to ten minutes, by programmers in an hour and by people with higher education... well, check it youself!

さて、僕はこの問題を見たときにこう考えました。

幼児が答えられ計算が得意とされるプログラマーや高学歴の人が答えるのに時間がかかるということは一件計算式に見えるこれは計算式じゃないのか。 ということは、形にヒントがあるんじゃないか。

そうなれば、もう一瞬ですよね。

正直、この問題に付けられた上のような説明文は問題の特徴をヒントとして与えてしまっているので、問題として適切ではない、もしくはなにかしらの意図があるように思えます。

なので、もしかしたらこの問題は大人向けに作られているんじゃないかとおもったりしました。

もちろん、なにかしらの幼児向けのテストを説明なしに大人にさせたらおもしろい結果がでたよってだけの話かも知れませんけどね。

1日10問30日でみるみる脳を活性化させる大人のIQパズル
ケン ラッセル フィリップ カーター
主婦の友社
売り上げランキング: 923347

Rlated & Feedbacks

http://www.trapon.jp/cms/mt-tb.cgi/292