Google Analyticsのユニバーサルアナリティクスで、仮想ページビューを設定する

Google Analyticsがユニバーサルアナリティクスのコードを提供しはじめたので少し使ってみた。

Universal Analytics について - アナリティクス ヘルプ

基本的には今までのコードをユニバーサルアナリティクス用のコードに置き換えるだけです。

ただ、日常的に仮想ページビューを使うので新しいコードでの仮想ページビューを設定してみました。

基本的なコードはこんなかんじです。

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
 
  ga('create', 'UA-xxxxx-xx', 'example.com');
  ga('send', 'pageview');
 
</script>

gaで始まる行が以前の_gaq.pushみたいな感じですね。
ga行の1行目はサイトの設定、2行目にpageviewに対するオプションを設定することができます。
たとえいば仮想ページビューを設定する場合は以下のように入力します。

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
 
  ga('create', 'UA-xxxxx-xx', 'example.com');
  ga('send', 'pageview', {
  'page': '/vp/virtualpageview-url',
  'title': '仮想ページビューのタイトル'
  });
 
</script>

pageパラメータにURL、この場合は接頭辞として/vp/をつけています。
仮想ページビューと、実際のページビューを区別するためにつけているのでかならずしも必要なものではないです。

titleパラメータにページのタイトルを設定します。
たぶん、日本語でも大丈夫だと思います。