Youtubeの動画を埋め込みコードで関連動画をださない方法

Youtubeの動画を埋め込んだ際に、動画が再生後、関連する動画が表示されたりしますが、アップロード直後や関連がいまいちあっていない時に埋め込んだ先で関連動画を表示したくない場合は、埋め込みコードにパラメータを与えることで関連動画を非表示にすることができます。

2013年6月12日現在、Youtubeの動画ページで「共有」から「埋め込みコード」を選択すると以下のようなコードが表示され、コピペできるようになります。

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/73B5Dv0aNJM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

srcアトリビュートの最後にパラメータ?rel=0を付け加えて以下のようにします。

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/73B5Dv0aNJM?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

埋め込みコードを自動で生成したりする場合は、パラメータを付け加えるなりすると変な印象を与えずにすみます。

YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~