msysGitのインストール

この記事の前はWindows Installer 4.5をインストールするです。

Google codeのプロジェクトページにいってみると、公式サイトが移動したんだって。

msysgit - Git for Windows - Google Project Hosting Git for Windows

git_000019

GitHubでした。

git_000020

とりあえず、最新のものを突っ込んでおく。

git_000021

git_000022

git_000023

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストール

git_000025

git_000026

git_000027

git_000028

git_000029

このへんはデフォルトで

git_000030

git_000032

git専用のBashで作業をするのかWindowsのコマンドプロンプトでgitを使えるようにするのか、コマンドプロンプトでも使えるようにするならLinuxのコマンドも使う?みたいな。 とりあえずはデフォルトで。

git_000033

改行コードどうするよ? とりあえず、recommendってあるのでおすすめで。

チェックアウトの度にCRLFをLFにLFをCRLFにっていうふうになります。

git_000034

git_000036

デスクトップにアイコンを作る設定だとデスクトップにGit 用のBashができます。

ない場合はスタートメニューから探してね。

git_000037

Bashを立ち上げると、、、まぁ、黒い画面です。

とりあえず、これでGitが使えるようになりました。

git_000040

実はこの時点でGUIが使えます。

git_000052

初めて立ち上げるとこんな感じ

git_000053

新しいリポジトリをマイドキュメントの下にgit/test-reposとしてつくってみます。

git_000054

まだなにもないですね。

git_000055

インストール直後なので、変更内容がまだなにもないのでいきなりコメントを書いてコミットしてみても

git_000056

怒られます。

git_000057

怒られた通りに正体を明らかにします。

右側のすべてのリポジトリに対する、ユーザ名とメールアドレスだけとりあえず設定します。

git_000058

で、コミットしようとすると

git_000059

怒られます。

git_000060

なので、なにかファイルを作ります。

git_000061

git_000062

さっき作ったリポジトリはこんなかんじでひょうじされますね。

git_000063

開いてみるとちゃんと作ったファイルが存在します。

git_000064

ファイル名を選択すると中身がみれます。

git_000065

管理外、コミット未予定となっているのでgit add的なコミット予定にします。

git_000066

ステージングされました。

このままコミットボタンを押すとコミットされます。

git_000069

git_000069

git log的なコミットの履歴を見てみます。

git_000071

git_000072

ちゃんとコミットされていますね。

次はファイルの内容を変更してみましょう。

数え方を変えて、一行増やしてみました。

git_000073

こんなかんじでdiffっぽく表示されています

git_000075

コミット予定(git add)してメッセージ付きでコミット(git commit -m "")してみましょう

git_000077

履歴を表示するとちゃんと変更が記録されていますね。

git_000078

この次はかめ吉こと、tortisegitのインストールです。

Gitポケットリファレンス
岡本 隆史 武田 健太郎 相良 幸範
技術評論社
売り上げランキング: 19,968