JavaScriptで日付の比較をする。

いままでちょーめんどくさいことをしていたのでちゃんと調べたら楽だったからメモっておく。

期間限定でメッセージを表示させておきたいとか特定の日を境にゴニョゴニョしたいなーってことがいっぱいあったんだけどそんな時に、直感的に日付を20130828みたいな8桁の数字にして比較したらいいじゃん、とおもってたら、フツーに日付で比較できた。

// 比較のための2つの日付を用意する
// 例えば1つ目にJavaScriptが実行される(アクセスされる)日付を入れておく(今日ってことね)
// 2つ目に特定の日を入れておく。年、月からマイナス1した数字、日付をnew Date() の引数へ順番にわたす。
 
var datePrimary = new Date();
var dateSecondery = new Date(2013, 12 - 1 ,31);
 
// その2つを比較して
// 特定の日を"過ぎた"場合に実行する処理と
// 特定の日かそれ以前の場合に実行する処理にわける
 
if ( datePrimary.getTime() > dateSecondery.getTime() ) {
  alert("D.C. 2014");
} else {
  alert("D.C. 2013");
}

まぁ、てきとうにやらずにちょっと調べれば良い話でした。

参考
JavaScript による日付・時刻・時間の計算・演算のまとめ - hoge256ブログ

よくわかるJavaScriptの教科書 (教科書シリーズ)
マイナビ (2012-03-24)
売り上げランキング: 1,481